頼りになる名古屋の不動産買取会社まとめサイト
頼りになる名古屋の不動産買取会社まとめサイト
名古屋で不動産買取・売却を依頼するならこの業者!
的確でスピーディな査定が魅力の不動産買取会社はこちら!
  • 腕利き不動産買取会社リスト【名古屋編】
  • 相場をチェック!名古屋の不動産売買事例集
  • 物件売却前に知っておきたいこと
HOME » 物件売却前に知っておきたいこと » 不動産を売却したときにはどんな税金がかかるのか?

不動産を売却したときにはどんな税金がかかるのか?

ここでは、不動産を売却する際に課せられる税金の種類について解説します。

不動産売却時にかかる主な税金は7種類

不動産を売却した際にかかる可能性がある税金は、主に以下の7種類です。

印紙税

登録免許税

住民税

譲渡所得税

復興特別所得税

消費税

固定資産税

以下、それぞれの税金について順次見ていきましょう

印紙税

不動産を売却する際、不動産売買契約書に貼付する形で印紙税を納付します。契約金額が1000万~5000万円の場合には2万円、5000万~1億円の場合には6万円など、契約金額により印紙税の額も異なります。

登録免許税

不動産売却を通じて名義変更をする際、不動産登記の変更にかかる登録免許税がかかります。本則では「固定資産税評価額×2%」ですが、令和4年3月31日までは「固定資産税評価額×1.5%」の優遇措置がとられています。

住民税

不動産を売却して利益(不動産譲渡益)が生じた場合、県民税や市区町村税などの、いわゆる住民税が利益額に応じて課税されます。

譲渡所得税

不動産を売却して利益(不動産譲渡益)が生じた場合、利益額に応じた譲渡所得税が課税されます。

復興特別所得税

不動産を売却して利益(不動産譲渡益)が生じた場合、利益額に応じた復興特別所得税が課税されます。復興特別所得税とは、東日本大震災からの復興に必要な財源を確保するため、平成23年から義務化されている税金です。

消費税

一般に、個人所有の不動産を売却する際には消費税は非課税です。ただし個人所有の不動産であっても、投資用マンションなどの売却の場合には、消費税の課税対象となります。

固定資産税

固定資産税は、その年の1月1日の不動産名義人が納付することになります。よって年の途中で不動産を売却した場合、契約者同士において、日割り計算で固定資産税の負担額を調整します。

ホームプランナー

名古屋の不動産買取会社の特徴やサービス内容、利用者の口コミなどで比較してみました。中でもイチオシな不動産買取会社は、抜群の査定力と販売力がある「ホームプランナー」です。公式サイトには不動産売却に関するお得な情報が盛りだくさん!名古屋で不動産の売却をお考えの方はぜひ参考にしてください。

「ホームプランナー」でお得な情報をチェック!
ページの先頭へ